FC2ブログ

夢の花園

日々の欲望を曝け出し、自分の裏の部分を見つめる日記。わたしの体験談を公開しています。 エッチ、チェリー君、バイブ、お遊び…
夢の花園 TOP  >  スポンサー広告 >  日常 >  恋愛って難しい…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

恋愛って難しい…

彼の舌が私の舌に絡まってきます

私はだんだん気持ち良くなってきて、頭の中が真っ白になってきました。

彼は私のおっぱいを鷲づかみして揉み始めました。

その揉み方に、彼のいつもの優しさはありませんでした。

彼のヤケクソになっている感じは解っていたので、私は流れに身を任せようと思い彼に身を委ねました

すると、力いっぱいおっぱいを揉んでいた手が止まりました。

「どうしたの?」

私は閉じていた目を開けて彼を見ると、彼は目から涙をいっぱい流しながら泣いていました。

「ごめんなさい…ごめんなさい、ハノンさん…」

彼は泣きながら私に謝っていました。

「泣かなくていいよ…こっちにおいで…」

私は彼が泣き止むまで抱きしめているつもりだったのですが、私は寝起きだったということもあり、そのまま寝てしまったようでした。


その後、私が起きたのは夕方位だったのですが、彼は泣きつかれて私の横で寝ていました。

「子供みたい…笑」

私は寝起きでお腹が空いていたので、キッチンで冷蔵庫の中にあるあまり物で野菜炒めと味噌汁を多めに作りました。

私が料理を始めた音で目を覚ましたのか、彼がノソノソと起きてきました。

「すいません…寝ちゃいました…僕、帰りますね…」

彼が目を擦りながら帰ろうとしていたので、

「ご飯作ったから食べていきなよ!?」

って私は眠そうな顔をした彼に言いました。

「いいんですか…?」

彼は玄関で立ち止まって、台所まで戻ってきました。

「美味しそうですね…ハノンさんが作ったんですか?」

彼は少し目が覚めたのか、嬉しそうな声で言いました。

「見ればわかるでしょ?笑 出来たから食べよ!」

私たちはテレビのバラエティ番組を観ながら夕ご飯を一緒に食べました。

「ハノンさん、色々ありがとうございます。あと、ご馳走様でした。」

そう言って、彼は隣の部屋へ戻っていきました。


少しは元気出たかな?

恋愛って難しいですよね…?


ハノンを応援してください
応援してね全国風俗情報検索「おとなゲート」


ブログで知り合った、同じ大学生のエミリーちゃん・くーみんちゃんの共同ブログ☆
[ 2007/04/23 20:21 ] 日常 | TB(0) | CM(1)
NoTitle
はじめまして。
出会い系イクヨクルヨの情報ブログしています。
いきなりですけど、もしよろしければ相互リンクしていただけないでしょうか?

よろしくお願いします。

携帯出会い系イクヨクルヨ194964.com
http://keitaideai.blog55.fc2.com/
[ 2007/04/25 09:46 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

リンク
  • 管理者ページ
  • ブロとも申請フォーム


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。