FC2ブログ

夢の花園

日々の欲望を曝け出し、自分の裏の部分を見つめる日記。わたしの体験談を公開しています。 エッチ、チェリー君、バイブ、お遊び…
夢の花園 TOP  >  スポンサー広告 >  セフレ >  お化け屋敷で

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

お化け屋敷で

私は静かにお尻の上へ置かれた彼の手が気になり始めました。
彼の手のひらは次第に滑らかに円を描き始めました。
そのじれったいような感覚に身悶えします。

彼は私の変化に何か気が付いたようです。
その時まで、私自身は気付かなかったのですが、普段のそれよりも私の息遣いが荒くなっています。
彼はその変化に興奮したようで、私の肩に触れている彼の胸の鼓動が高まっているのがわかりました。
そしてまた、彼も同じ事を感じたでしょう。

彼はたまらなくなったのか、私にゆっくりと顔を近づけ、そしてキスをしました。

52116.jpg

ちゅ……ちゅぱ…

気付いたら服の上からおっぱいを揉まれていました。

「あんっ…」

この空間は私の喘ぎ声もよく響きます。

ここはお化け屋敷
後ろからは人が絶え間なくこちらへ向かっているでしょう……
このままここでゆっくりし続けても支障が出ます。
しかし、このまま続けたい。

なので、私達は歩きながらもエッチな事を続ける事にした。
お化け屋敷なので時折お化けが出てきます。
その時の驚きがまた私をドキドキさせ、また、視覚的な不自由さによってもまた興奮しました。

彼はスカートの下からゆっくりと手を伸ばし、パンツの上からおまんこを触りだしました。
でも、立って歩いているのでおまんこは閉じたままです。
この状態ではあまり感じませんでした。

「ねぇ、この格好じゃできないし、あとでゆっくりしよ」

と言うと、彼の表情は見えなくとも諦めた様子で、スカートの中から手を引き、また腰の位置に手を戻しました。

そして、歩いていると前方から眩しいものが見えてきました。
それは、次第に大きくなり、私の目を眩ませました。
視界から暗闇が消える。
急なの変化にまだ頭がくらくらすます。

「次はどこにいこっか」

私は正気に返りました。

「うーん…じゃあジェットコースターかな

続きはまた今度

ハノンを応援してください
応援してね全国風俗情報検索「おとなゲート」
[ 2007/03/25 17:40 ] セフレ | TB(0) | CM(4)
こんばんは!

今日の日記とても面白いですね^^

また、見に来ますね~♪

それでは応援ぽちっ♪
[ 2007/03/25 21:13 ] [ 編集 ]
始めまして、妄想太郎と申します。
あなたのサイトを拝見して、私の妄想がますます盛んになりました。

お気に入りにサイトを入れさせてもらいました。
また、お邪魔しますね。


これからも、がんばってエッチなブログを書いてください。
[ 2007/03/26 00:40 ] [ 編集 ]
こんばんは☆
コメントありがとうございました!
ハノンさんのおっぱい、綺麗~♪
サイズも完敗(笑)
また遊びに来てくださいね(*^^*)
私もまたお邪魔します~。
続きも知りたいし・・・
[ 2007/03/26 21:23 ] [ 編集 ]
NoTitle
はじめまして、こんばんわ^^
「あなたがいるから」のサラです♪
ブログへ遊びにきてくれはって嬉しかったです~
どうもありがとう
ハノンさんって、おっぱい大きいぃ~ いいないいなって感じです^^*
お化け屋敷でのことは、ちょっとドキドキですね
そういう経験をしてみたいななんて読んでおって思ってしまいました(。・・。)ポッ
これからも、どうぞよろしくね♪
[ 2007/03/27 20:55 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

リンク
  • 管理者ページ
  • ブロとも申請フォーム


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。