FC2ブログ

夢の花園

日々の欲望を曝け出し、自分の裏の部分を見つめる日記。わたしの体験談を公開しています。 エッチ、チェリー君、バイブ、お遊び…
夢の花園 TOP  >  スポンサー広告 >  日常 >  帰り道の公園で…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

帰り道の公園で…

隣に住む年下の男の子とご飯を食べた帰り道、彼が公園に寄りたいと言うので公園に寄って、自動販売機で缶コーヒーとお茶を買って二人で並んでベンチに腰をかけました。

彼は缶コーヒーを飲みながら、少し照れ臭そうに

「僕、まだ童貞なんです…」

ってカミングアウトしてきました。

私は、チェリー君だ!笑 と思いながら、

「地元の彼女とはエッチしてないの?」

って彼に聞きました。

彼は困ったような顔をして、ついこの間迄いた地元の頃を思い返すように言いました。

「お互い実家でしたし、ホテルに行けるようなお金もなかったですから…」

彼はコーヒーを飲みながら、遠くを見つめていました。

私はその時、彼の地元の彼女に対して少し嫉妬に似た感情を抱いてしまいました…

「今日ってさ、この後何か予定あるの?」

私は出かける予定でしたがこれといって大した用事でもなかったし、もう少し彼と一緒にいたかったので彼に聞いてみました。

「いやっ、家に帰って部屋の掃除でもしようかなって…何かあるんですか?」

彼はキョトンとした顔をして私を見ました。

私はそんな可愛い彼を見て、思わず…

「今から家でエッチしない?

って彼に聞いて、私はズボンの上から彼のおちんちんを触っちゃいました。

彼は凄くビックリしていましたが、おちんちんは既に硬くなっていました。

さっきイッたばかりなのに、もうこんなに硬くなっている…

私が触りながら彼のおちんちんの大きさを確かめていると

「えぇ~っ!?マジで言ってますか!?」

って公園中に聞こえるような大きな声で言いました。

私はニッコリ笑って、彼のおちんちんをズボンの上から擦りました…

彼は少しだけ困ったような顔をして、

「僕、地元に彼女いますよ…」

って言いましたが、私は間髪入れずに

「それは、知ってるよ。」

って言うと、彼は照れながら少し小声で

童貞ですよ…いいんですか?」

って続けて言ってきたので、私は彼のおちんちんを触りながら

「いいよ…

って耳元で言うと彼の体はビクンッて反応して、一瞬硬直してました。笑

私のおまんこも少し濡れ始めていたので

「いいから、行こうっ!」
って言って、彼の手を引っ張って自宅に一緒に帰りました。


書いてたら長くなっちゃったので、続きはまた今度!


c5.jpg



エッチなハノンを応援してくださいね♪
[ 2007/03/04 16:43 ] 日常 | TB(0) | CM(4)
小出しにしてくるハノンさんがにくいです笑。そんなにいやらしく触れられたらひとたまりも無いです。。
う~ガマンできない・・。また見に来ますね!
お邪魔しましたー
[ 2007/03/04 17:57 ] [ 編集 ]
訪問ありがとうございました。
この手の日記は私も大好きですから、今後も期待して読みにきますね。
[ 2007/03/04 23:23 ] [ 編集 ]
コメありがとうです!!
・・・・・めっさエロい!!ww*。(*´Д`)アハァン
ドキドキしてしまいましたw
応援させてください~~ヽ(*´Д`*)ノギャー!
[ 2007/03/04 23:55 ] [ 編集 ]
NoTitle
>ローイさん
チェリー君大好きですからねぇ♪笑

>みれさん
こちらにも訪問ありがとうございます。
また見に来て下さい。

>リーさん
またドキドキしにきて下さいねぇ♪
[ 2007/03/06 10:14 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

リンク
  • 管理者ページ
  • ブロとも申請フォーム


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。