FC2ブログ

夢の花園

日々の欲望を曝け出し、自分の裏の部分を見つめる日記。わたしの体験談を公開しています。 エッチ、チェリー君、バイブ、お遊び…
夢の花園 TOP  >  スポンサー広告 >  日常 >  アダルトショップに行って

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

アダルトショップに行って

近所のアダルトショップへ行ったときのこと。

私はオナニーに使う、バイブを買いに行きました。
そのお店の店員は若い男の人でした。

その彼に商品の説明とか聞きいてて
私は余計に何を買おうかすっごく悩んじゃったの。

彼が、冷たいお茶をだしてくれて
お客もあまりいなかったのでしばらく椅子に座りながらエッチについて楽しく話してました。

でも、お茶を飲んでいたら急に体に力が入らなくなりバイブばかりあるお店と若い彼を見ていたらウズウズしてきました。

彼は
「どうしました!?気分が悪いのならこちらへどうぞ。」
と言って、私を個室に連れて行きました。

連れて行かれた部屋には、ストックなのか、たくさんの山ずみになったバイブが。
そして、なぜかダブルベッドがありました。笑

力が抜けていた私は、彼に押し倒されてちゃいました。

彼は「媚薬を飲んだ感想は?俺ヤりたくなっちゃった」って。

お茶だと思ってた飲み物は媚薬だったんだ!!!
気付いたころにはもう遅くて

私はもう何も抵抗できない体になってました。

「さて、いろいろ試させてくれよ・・・」
彼はそう言うと、私の服を全て脱がして愛撫してきました。

媚薬で敏感になっていた私は、彼の愛撫にただ感じまくっているだけでした。

「あっ・・・んぅ!! あんっ」

普段ここまで感じないはずなのにこの時は感じすぎていました。
彼は私の足を広げ、クンニしてきました。

「あぁっ・・・あっあっあっ・・・やぁっ・・・。」
「ビチョビチョだよ? そんなに感じるんだ。もっと感じさせてあげる」

そう言うと彼は、部屋にあったバイブを私のおまんこに挿れてスイッチを入れてきて

「あああっ!!! あんっあっ!! んっあっ・・・。」

彼は強くしたり弱くしたり、スイッチを切ったりして遊ばれちゃいました。
そして彼の手にはロータークリトリスにあててきました。

「あっ・・・。あんっあぁ!! やめっ・・・。」

二重の快感に、意識がなくなりそうでした。

そんな私を見て、ガマンができなくなった彼は、バイブを抜き、おちんちんを入れてきました。

「・・・っ。すっごい締まる。ちょう気持ちいいよ・・・。」

激しくピストンされ、私は喘ぎまくっていました。

「あっあっあっ・・・。もうイク・・・っ」
「オレも・・・っマヂイイよ・・・。ハノンの体・・・」

「あんっあっあっ・・・。あぁ!!」
私がイった後、彼もイきました。


エッチなハノンを応援してくださいね
[ 2007/02/26 17:00 ] 日常 | TB(0) | CM(6)
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2007/02/26 23:07 ] [ 編集 ]
なんてスゴイ展開・・。いつもハノンさんには驚かされます笑。更なる活躍応援してます。
お邪魔しました~
[ 2007/02/26 23:59 ] [ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2007/02/27 00:13 ] [ 編集 ]
はじめまして^^
お邪魔します◎
素敵な体のライン♪
いいですねぇ~(*゜v゜*)
これからもがんばってくださいませ。
ご訪問ありがとぅございました^^
[ 2007/02/27 09:27 ] [ 編集 ]
初めまして。
相互リンクのお誘いありがとうございます。
遅くなりましたがリンクしておきました。
今後ともよろしくお願いします。
[ 2007/02/27 20:13 ] [ 編集 ]
>ローイさん

いつも訪問&書き込み、ありがとうございます!

また、いらしてくださいね!


>rinoさん

いやいや…笑

気を緩めると、お肉が大変なことになりますよ…


>ディープさん

相互リンク、ありがとうございます。

これからも、宜しくお願いしますね!
[ 2007/02/28 10:27 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

リンク
  • 管理者ページ
  • ブロとも申請フォーム


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。